熱中症の要因は外的要因と内的要因に分かれます

熱中症の要因は、外的要因と内的要因に分かれます。
外的要因は、湿度や気温が高い、日差しの強さが挙げられます。一方で、内的要因の場合は、急な暑さに体がついていけない、疲労のほか睡眠不足などです。
しからば、熱中症になるのを防止するには何に注意すればよいと思いますか。一番効果があるのは、こまめに水分補給を行うことだと言えます。喉が渇いたと思わなくても小刻みに水分を摂るようにしましょう。とりわけ年配者や子どもの場合には、体温調整が上手にできないので、熱が体の中でたまりがちですし、本人が気づかないという場合もありますので、周りの大人たちが気を配る必要があるでしょう。毎年夏が来るたびに熱中症で具合が悪くなってしまい病院で診察を受けたり、救急車で運ばれる人が1日に数百人、数千人いたというニュース番組をたびたび目にすることがあります。
加えて、体温を測り平熱よりも一度以上高いときは熱中症である可能性が高いと言えるでしょう。
軽度の場合は一定期間安静にすれば快方へ向かいますが、高熱で40度以上、けいれんも起こしているケースでは即座に病院へ行ってください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ