普通の人は睡眠中は尿量が少ないようになり

普通の人は睡眠中は尿量が少ないようになります。それは、脳にある「下垂体」から抗利尿ホルモンである「バソプレシン」が日中よりも夜に多量に放出され、尿量を少なくするよう浸透圧を統制しているからです。
おねしょをする子は多くの場合バソプレシンの分泌が不足しています。その場合は、寝ているのを無理に起こしてトイレに行かせると、ますますリズムが崩れてしまうので、早寝早起きを心がけ、昼間は体をしっかりと使い睡眠をとるという規則正しい生活にすると、幼稚園を卒業するころには落ち着くでしょう。
生まれてすぐの赤ん坊は18時間程度寝ていて、目を覚ましているのは約6時間。生後半年くらいたつと少しずつ覚醒している時間が伸び、幼児の頃は10~12時間、小学校にあがると10時間弱睡眠の子が多いようです。抗利尿ホルモンの分泌が、高齢になると少なくなるため、夜中でも幾度もトイレのために目を覚まし睡眠リズムが崩れ、眠れなくなるという研究結果がここ最近報告され、脳科学の学問分野ではトピックとして取り上げられました。「人類が元気に長生きするためには1日合計で7時間(6時間半以上7時間半未満)の睡眠をとることが良い」ということが証明されていますが、当たり前ですが、乳幼児の時はもっと睡眠をとらなければいけません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ