数ある中華料理の中で高級料理として知

数ある中華料理の中で高級料理として知られているのが上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、オフシーズンなく味わえはするのですが、10月ごろ、メスはお腹の中に多くの卵を抱え込みます。この時期と、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、格別の味とされ、大切にされています。
ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。
何と、かの有名な上海ガニと同族になるかにです。
背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。
大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。
多くは、成体で170から180グラムになるとして出回っています。そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。丸ごと使えるかにとして、日本では昔からよく使われています。
近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが案外目立ちます。これは、殻をむいて中身を集めたとして販売されています。
むき身のかにだといえます。色々な料理に使いやすいというのも強みですし、多くは殻の割れなどの訳あり品なので、丸ごとの訳あり品よりも、さらに安いという点にも注目ですね。
おいしい蟹をいただくにはどのような方法があると思いますか?入手方法としては店頭販売、または通信販売の利用が一般的ですが、この他、なにかというと、温泉へ行く、という方法です。数ある温泉地の中でも、蟹が美味しくて有名なところがあります。
蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地ではいいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。
ただ注意すべきことは、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹の場合はオフシーズンもあるので行く時期を選んでください。
一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、本当のかに好きは、味噌を味わっています。
味噌好きの方が選ぶかにとしては、毛蟹と言う方がほとんどです。
特有のこってりした味噌こそがたまらないおいしさですよね。
そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、一度ワタリガニの味噌に挑戦してください。
一回り小さくはなりますが、十分な濃さの味噌です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ