かには脚肉が代表的ですが奥の深い味と言

かには脚肉が代表的ですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。
味噌がおいしいかにとして知られているのは、毛蟹を推す方が多いです。
味噌は独特の香ばしさで、これが最高、と言う方が多いのもうなずけます。
もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ワタリガニはいかかでしょうか。一回り小さくはなりますが、味わいは勝るとも劣りません。
皆さん、どんなことに気をつけてかにを茹でていますか。
白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。
塩の入れすぎは逆効果です。
1%を超えない濃度という感じを保ってください。大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて鍋に全て収めてください。食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと食べるときに楽ですよ。
セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。
どちらかといえば、松葉ガニより小ぶりなかにですが、貴重な卵が味わえ味わいも豊かで、松葉ガニにはない味を求める方も熱く語っています。
期間限定のかにで、11月から1月までしか漁の解禁期間が限られるのでその貴重さは際立っています。連日、ニュースで様々な事件が報じられていますが、気になったのがかにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。その手口は様々ですが、共通しているのは、アンケートに協力させてこちらの対応を伺い、巧みにかに通販へと誘導していくことです。
毅然とした態度ではっきり断らないと、証拠のないのをいいことに、忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物が届き、中に入っている請求書にあ然とします。
返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。
その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、売れ残りのかにやB級品のかにを押し付けられるなんてこともあるそうですが、これも立派な詐欺です。美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。このような詐欺にあうことなく美味しいかにを楽しむには、日頃からの情報収集が肝心です。
この時期に美味しくなる渡り蟹は、ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、日本各地で食用として重んじられてきました。そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食する方が多いようですが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ